読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写しPDF作成マクロ~(4)

クラスを組み合わせる 使用したクラス FileNameGetterクラス FolderCreatorクラス ErrorCatcherクラス DocPDFConverterクラス それぞれのクラスの詳細については、リンク先をどうぞ。 標準モジュールのコード Option Explicit Public Type myFolder fdPath A…

クラスをクラスのフィールドにする

クラスをクラスのフィールドにする クラスを丸ごとクラスのフィールドにしたらいいんじゃないか、と今さらながらに気がついた。Javaの本でさんざん目にしていたことなんだけど。 フィールド用のクラス 「GambleRacer」というクラスを作った。 クラスモジュー…

小さなクラスを作る(6)~WordドキュメントをPDFに変換する

WordドキュメントをPDFに変換して保存する 仕様 Wordドキュメント そのWordドキュメントがあるフォルダパス ファイル名 以上3つをフィールドとして持つ。 メソッドは今のところ一つだけ。 WordドキュメントをPDFにして指定のフォルダに保存する 元のWordド…

小さなクラスを作る(5)~エラーキャッチをするクラス

エラーキャッチをするクラスを作る そんなことをする意味があるのかどうかはともかく、エラー時にメッセージを表示させるという処理もよく使うので、作ってみた。まあ、何でもかんでもクラスを作っていったら、そのうちコツがつかめるだろうということで勘弁…

小さなクラスを作る(4)~フォルダ作成クラス

きっかけ 写しハンコつきPDFを作るマクロのコードを見直していると、メインの「写しPDFを作るクラス」が結構複雑なクラスになっていることが分かった。ざっと挙げると、 元のWordドキュメントに画像があるかどうかチェック ハンコ用の画像ファイルが実在する…

写しPDF作成マクロ~(2)

ファイル選択用のクラスを作る 指定した拡張子のファイルを選択させる 今回のマクロでは、写し作成元のWordファイル、ハンコ用のpngファイル、と、ファイル形式を限定して取得したい。そうすると、ファイル選択ダイアログでユーザにファイル選択を迫る際に、…

写しPDF作成マクロ~(1)

書類が「写し」であることを示すために、「写」ハンコを押して送ったり、職場内で回覧したり、ということがある。 まあ、職場内で回覧する分にはハンコを押すだけの話なので何ということはないのだが、「写し」であることを明示した上でメールで送る、という…

私がクラスモジュールを使い始めたきっかけ

きっかけ そもそもは、自分に降りかかる火の粉を、少しでも楽に振り落としたいからだった。 thom(id:t-hom)さんが、コチラで言及してくださったが、私はあくまでも素人に過ぎないのに、職場ではそれって、プログラマの仕事じゃね?的なことをさせられてしま…

Thunderbirdメール自動作成マクロを改良した

準備 セルに名前をつける。 こんな具合に「ThunderBirdPath」と名前をつけた。 標準モジュールのコード Sub getThunderbirdPath() Set flp = New FilePicker '……(1) With flp .showFilePicker ("Thunderbirdの実行ファイルを指定せよ(ショートカットでも良…

Select / Activateメソッドの極小ハマり

状況 ワークシート こんな風にシートを準備して、 それぞれのシートはこんな風にカレンダーにした。 クラスモジュールのコード 「オブジェクト名」は「DaySelector」にしている。 Option Explicit 'フィールド Private startCell_ As Range Private endCell_…

ファイルのフルパスを簡単に取得する

はじめに メール自動作成マクロ(その1/その2/その3/その4)では、添付ファイルをセットするために表の中に添付ファイルのフルパスを入力しておく必要があった。 しかし、「添付ファイルのフルパスの入力なんてめんどくせーよな!」と誰しも思う。だ…

メール自動作成用のクラスを作る~(4)……そして伝説へ(うそ)

LotusNotesメールを作る LotusNotes版も作った。……ていうか、前から使っていたやつを移植しただけですが。 早速、コードの紹介から。このとき作ったクラスに追記する。 メソッドのコード Public Sub createLotusNotesMail() On Error Resume Next Err.Clear …

メール自動作成用のクラスを作る~(3)

Thunderbirdでメールを自動作成するメソッドを作成。 まずはコードをご覧に入れよう。 あ、その前に、標準モジュールの宣言セクションに、 Public Const THUNDERBIRD_PATH As String = "C:\Program Files (x86)\Mozilla Thunderbird\thunderbird.exe" こいつ…

メール自動作成用のクラスを作る~(2)

先に断っときます。今回はカンバンに偽りあり。 「……クラスを作る」とか題名で言ってますが、クラスは作りません。ただ、前回作ったクラスを活用するためのコードを作るんだから、あながち嘘でもない。そんなわけで、そこんとこヨロシク。 前回作ったクラス…

メール自動作成マクロ用のクラスを作る

Excelから、VBAでLotusNotesやThunderbirdのメールを作るマクロ。 メンテナンスしやすくて拡張性のあるものにしたいと思って試行錯誤中。「これでうまく行くんじゃね?」というところまで漕ぎ着けたので、うpしておく。 なるべく〈オブジェクト指向〉っぽく…

データ転記マクロ~その3

前回のマクロをさらに書き換える。 今度は、無駄にクラスモジュールを使うよ。 クラスモジュールを挿入して、オブジェクト名を「GambleRacer」にした。 クラスモジュールには下記のコードを書く。 Option Explicit 'フィールド '……(1) Private rcID_ As Long…

小さなクラスを作る(3)~ファイルを選択させる

ファイルを選択させるやつも作ってみた。 例によってクラスモジュールを挿入。オブジェクト名はFilePickerにした。 クラスモジュールのコードは下記の通り。 Option Explicit 'フィールド Private gotFileFullPath_ As String Private isCancelled_ As Boole…

小さなクラスを作る(2)~他のアプリケーションの起動チェック

LotusNotesのメールをExcelVBAで自動作成するときは、そもそも自分のアカウントでNotesに接続していないといけない。 「でも、他のアプリケーションが起動しているかどうかなんて、どうやって判定できるんだろ?」とggっていてわりかしあっさりとたどり着い…

小さなクラスを作る(1)~フォルダ選択機能

twitterのフォロワーさんからのアドヴァイス。 曰く、よく使う機能はクラスにしといた方がいいぜと。なるほど。今まで、よく使う処理をSubやFunctionにまとめて一つのモジュールに集めておいて、ライブラリ的に使っていたけど、結局、 どこに何を書いていた…

自作クラスのプロパティに配列をセットする

VBAを使って、ExcelからLotusNotesのメールを送るマクロ。ずいぶん前に作った素人丸出しのマクロだったから、いっそクラス・モジュールの練習も兼ねて作り直してみようと思い立った。 基本は、上の画像のようなワークシートに必要な値を入れ、B列の番号のと…

クラス・モジュールの邪道かも知れない使い方

シートがたくさんあるブックをVBAで操作するとき、いつもシートの指定がめんどくさいなあと思っていました。 まあ、ちょい書きのマクロだったらシートの指定なんか雑でもいいんですけど、そこそこの規模のものになると、厳密に指定しておかないと後でわけが…

クラスモジュールを用いた自作クラスのプロパティについて

クラスモジュールの使い方を練習するため、遊び半分にプログラムしてみた。高橋麻奈さんの『やさしいJava』に倣って、車オブジェクトを作るという体で。 とりあえず、Sheet1に、上の画像のような表を作る。A、B列の1行目にはコマンドボタンを設置している。…