傍点マクロをNormal.dotmに書く(Word)

傍点マクロをNormal.dotmに書く

f:id:akashi_keirin:20210217085235j:plain

傍点マクロをNormal.dotmに書く

前回

akashi-keirin.hatenablog.com

作成した傍点マクロ。私は文書作成時にやたらと傍点を使う(というよりは、私の尊敬する書き手が皆一様によく傍点を使うため、引用するときにやたら傍点を施す必要が生ずる)ので、傍点が気軽に打てるのは助かる。

そこで、傍点マクロをいろいろなドキュメントで使い回せるように、標準テンプレートであるNormal.dotmに置くことにする。

Normal.dotmに標準モジュールを置く

まず、プロジェクト エクスプローラー上で、「Normal」のところの「+」をクリックする。

f:id:akashi_keirin:20210217085240j:plain

次に、「Microsoft Word Object」のところの「+」をクリックする。

f:id:akashi_keirin:20210217085242j:plain

ThisDocument」のあたりで右クリックし、コンテキストメニューを「挿入」→「標準モジュール」の順にクリックする。

f:id:akashi_keirin:20210217085245j:plain

これで、めでたく標準モジュール「Module1」が生まれた。

f:id:akashi_keirin:20210217085248j:plain

モジュール名が気にくわなければ、プロパティウィンドウの「オブジェクト名」のところ

f:id:akashi_keirin:20210217085251j:plain

で名前を変更してやれば良い。

画像では「UsefulMacros」としている。

f:id:akashi_keirin:20210217085253j:plain

設置した標準モジュールにコードを書く

前回記事のリスト1リスト2を先ほど挿入した標準モジュールに書く。

リスト1(再掲)
Private Sub addEmphasisMark( _
  Optional ByVal EmphasisMarkType As WdEmphasisMark =  _
                                     wdEmphasisMarkOverComma)
  Dim rng As Range
  Set rng = Selection.Range
  rng.EmphasisMark = EmphasisMarkType
End Sub
スト2(再掲)
Public Sub AddEmphasisMarkMain()
  Call addEmphasisMark
End Sub

とりあえずこんだけ。

終わりに

これで、このマクロを仕込んだ端末で編集するたいていのWordドキュメントで傍点マクロを使用することが可能になる。(ですよね?)